カテゴリ:okinawa( 123 )

#704 幻想としての沖縄

a0113732_12520296.jpg

 だいぶ以前にこのブログで書いたけれども沖縄の冬は寒い。ほぼ毎日強い北風が吹いているし、めったに太陽は顔を出さないから陰鬱この上ない。1月中旬から那覇に滞在し始めて、もうすぐひと月が経とうとしているが、すっきり晴れたのは、たぶん昨日が初めてだ。大陸からやってくる寒気が東シナ海で温められて雲が湧く。つまりほとんど日本海側とおなじなのである。連日どんよりと厚い雲に覆われて、風速10メートル近い風が吹く。それにしても今年の沖縄は寒すぎて、生まれて初めて沖縄でダウンコートを着て通勤した。知ってるかなあ、沖縄の年間日照時間が都府県別で全国何位だか? 最下位が秋田県、46位が青森県というのは理解しやすい。でも45位が沖縄県って聞いて驚かない人はあまりいないじゃないかな。沖縄の冬は日本海側の気候なんです。

[PR]
by bbbesdur | 2018-02-10 12:53 | okinawa

#702 ほんとうの青空

a0113732_21212142.jpg

 1週間半、沖縄に行っていたけど、すっきり晴れた日は1日もなく、どんより曇って時々雨のパターンが連日つづいた。冬の沖縄の晴天率は東京と正反対くらいで、めったに気持ちよく晴れない。でもいつもの年だと11月の沖縄はまだ冬とは言えず南風も吹くから、今年はやや季節の巡りが早いように思える。帰りの便で雲の上に出たとき、久しぶりに真っ青な空が視界に広がったけれども、なんだかズルをしてゲームに勝ったようでつまらなかった。やっぱり青空は正々堂々と地面に立って見るものなのである。

[PR]
by bbbesdur | 2017-11-22 21:24 | okinawa

a0113732_9451564.jpg

 普天間交差点の近くに、昔「α」っていう喫茶店があって、よくマリ子とランチを食べに行った。きっともうないんだろうなあ。マリ子はちいさいころからバレエを習っていて、当時那覇に住んでいたぼくは大道交差点近くにあったバレエスタジオに発表会を見に行きさえした。
 普天間基地に駐留しているヘリコプター部隊の残予算を目当てにぼくとマリ子は果敢にセールスを仕掛けたけれど、マリ子はいつのまにやらその部隊の男と仲良くなって、あっという間に会社を辞めて、結婚してアメリカに行っちゃった。しばらくしてぼくも東京にもどった。ヘリコプターはオスプレイに変わった。変わらないのはずっとそこにある普天間基地だけだ。それにしても、マリ子、いま、どこにいるのかなあ?
 with X-T1 普天間
[PR]
by bbbesdur | 2014-04-19 10:00 | okinawa

#649 冬の虹

a0113732_238312.jpg

 冬の朝、那覇市の南側にはしばしば虹が掛かる。天候の回復に伴う強い北風が雨雲を南側に吹き寄せ、かつ東側から昇ったばかりの朝日が、南側に降っている小雨に斜光線を投げかけるからだ。いつかも虹の写真を載せたとおもって調べたら、2年前の昨日だった。朝方の虹は太陽の角度が浅いから大きくて、外側の副虹(7色の内と外が反対)もはっきりと見えて迫力がある。
 with X-E1 18-55/2.8-4 2013/1 那覇
[PR]
by bbbesdur | 2013-01-21 23:13 | okinawa

#647 白い街、那覇

a0113732_22524391.jpg

 那覇市役所の新庁舎が完成した。純白で清々しく、いかにも南国的で素敵だ。うちなーんちゅのデザイナーによるものらしく、ないちゃーデザインの県庁と隣接しながら、まるで正反対を向いたデザインである。県庁は沖縄的に見せるためにさまざまな工夫が凝らされていて、いかにも「沖縄しています」といった意図がまる見えだ。こんどの那覇市役所からはそういった意図がまるで見えてこない。じつに自然に沖縄的なのだ。県庁より、遥かに素敵だ。ますます那覇が好きになっちゃう。沖縄の冬はどんよりとして寒い日が多く晴天が少ない。入道雲と白さを競うだろう姿を、早く真夏の空の下で見てみたい。
(出先のため写真は480x305でしかアップできないので、帰京し次第アップし直します→完了しました)
 with X-E1 18-55/2.8-4 2013/1
[PR]
by bbbesdur | 2013-01-16 20:14 | okinawa

a0113732_15124573.jpg

 生まれて初めて沿道に立ってマラソンの応援をした。会社の仲間が5人走る予定だったが、男子2人は練習のやり過ぎによる故障と体調不良で棄権した。1人は東京から沖縄までやってきて、前日にゼッケンまでもらいながら、当日の朝に無念の決断をした。前進より撤退に、より多くの勇気がいることは、世のあらゆることに共通しているけれども、1年間この日のために準備してきて、直前で出走を取りやめる選択はさぞかし辛い決断だったろう。
 一方、うちなー女子3名はいつもどおり元気いっぱいにスタートして、余力さえ残しながら余裕でゴールした。2年前に完走したときはN、Y、Cの3人ともヘロヘロで、しかも6時間15分の制限時間ぎりぎりのゴールだったというのに、Yにいたってはいまや4時間で走るのだから、日頃どれだけ身体を鍛えているのか。3人の次なる目標はNYCトリオの名の通り、3人揃ってニューヨーク・シティー・マラソンに出場することらしい。
 目の前を走り去ってゆく2万5千人近くのランナーを眺めて「ランナーは考える脚である」と笑いつつ、努力が好きだなんて人間とはなんと因果な生物だろうか、と溜息をつくわたしなのだった。
 with D800 ED24-70/2.8 2012/12 那覇マラソン
[PR]
by bbbesdur | 2012-12-09 00:02 | okinawa

#614 西風は北風

a0113732_1101199.jpg

 朝、起きて、砂浜に出た。海風は湿り気を含み、夜の気配を微かに残しながら、西から吹いていた。沖縄に朝吹く西風はひっそりと砂浜を這うヤドカリのような優しい風であることが多いが、昔、沖縄では北風のことを西風と呼んでいたからややこしい。琉球王朝が風水上の都合で、北を西と読み替えていたからだ。つまり沖縄では冬になると北から強い西風が吹く。
「なんでよ?」
「だからよ」
 沖縄の人々が交わすこの常套句は、論理や理屈では説明のつかない因習世界で生きていくための方便なんだよね。
 with E-M5 60/2.8 Macro 2012/11 沖縄
[PR]
by bbbesdur | 2012-11-24 11:01 | okinawa

#607 米兵の休日

a0113732_0175879.jpg

 若い男ふたりと女ひとりの構図はうまくバランスが取れるからいい。といった撮影上の都合はともかくとして、じっさい3人の間がどんなバランスになっているのかと、ぼくは砂浜のヤドカリを撮りながらしばらく観察していた。男ふたりのの行動はどこかぎくしゃくしてスマートじゃなかったが、かといって女性の気を引こうとしているようでもなかった。女性にしてもどちらか一方に気があるという風ではなかった。3人がてんでバラバラに、つかず離れず、言葉を交わしたり、黙って寝転んだりしつつ、太陽の光をそれぞれの裸に受けているだけのことだった。せっかくの気持ち良い休日にひとりで宿舎に籠っていてもツマラナイから海にでも行こうか、そうおもった3人が、キャンプ・シュワブのそれぞれの部屋を出た通路でバッタリいっしょになり、そのまま3人で海岸までやってきたという風情だった。その3人の距離感がこの日の光にふさわしかった。
 with E-M5 45/1.8 2012/10 宜野座
[PR]
by bbbesdur | 2012-10-27 00:20 | okinawa

#596 沖縄の孫悟空

a0113732_23343521.jpg

 沖縄では雲がこんなに近い。だからかどうか、ときどき孫悟空を目撃する人物が現れて、彼らはセイダカウマリと呼ばれる。20年前、たまたまそんなひとりにぼくは自分の将来を占ってもらったことがあった。
 ぼくには赤い龍がついていて、空から1冊の本が降りてくるといわれた。彼は国際通りの裏手にあるケーキ屋さんの2階に住んでいて、店は繁昌していた。
 ぼくはそれから約10年後に幸運にも1冊の本を著すことができた。もうすこしだけ将来のことも訊いておけば良かったともおもったが、たとえば2冊目の本が舞い降りてくる、と知ったところで、なにもしなくて良いはずもなく、結局、やるべきことをやらなくてはならないことに変わりはなく、ラクが出来ないなら将来なんて知る必要はない。孫悟空でもドラえもんでもないぼくは、地に足をつけて一歩一歩進むことしか出来ないのだから。
 with RX100 那覇 波の上ビーチ 2012/8
[PR]
by bbbesdur | 2012-09-04 23:38 | okinawa

a0113732_19585096.jpg

 午後2時過ぎに北向きに方角を変えた台風15号の沖縄上陸はないと見ていたが、陽が落ちてからまた西に向かい始め、レダーを見るとさきほど名護か東村あたりに上陸したところだ。あと30分以内に名護市街が猛烈な風雨の後、静寂な台風の眼のなかに入る。こんな猛烈な台風の真ん中で夜空の星を見上げるって、いったいどんな気分なんだろう。
 これまでの動きを見ると、那覇には強風は吹いているものの、雨はさほどひどくなさそうだ。隔絶しているためにテレビやネットでも情報が流れ出てきていないとおもうけれども、レーダーの情報を見ている限り渡嘉敷島、座間味島の慶良間諸島が相当な影響を受けているように見える。本島は北部ダム群の上に盛大に雨を降らしているから、今年はもう水の心配をすることはない。
 沖縄観測史上最強の台風15号がいままさに沖縄に上陸した。
 with RX100 那覇パレット前にある屋台ピザ屋で 2012/8
[PR]
by bbbesdur | 2012-08-26 20:00 | okinawa