#704 幻想としての沖縄

a0113732_12520296.jpg

 だいぶ以前にこのブログで書いたけれども沖縄の冬は寒い。ほぼ毎日強い北風が吹いているし、めったに太陽は顔を出さないから陰鬱この上ない。1月中旬から那覇に滞在し始めて、もうすぐひと月が経とうとしているが、すっきり晴れたのは、たぶん昨日が初めてだ。大陸からやってくる寒気が東シナ海で温められて雲が湧く。つまりほとんど日本海側とおなじなのである。連日どんよりと厚い雲に覆われて、風速10メートル近い風が吹く。それにしても今年の沖縄は寒すぎて、生まれて初めて沖縄でダウンコートを着て通勤した。知ってるかなあ、沖縄の年間日照時間が都府県別で全国何位だか? 最下位が秋田県、46位が青森県というのは理解しやすい。でも45位が沖縄県って聞いて驚かない人はあまりいないじゃないかな。沖縄の冬は日本海側の気候なんです。

[PR]
# by bbbesdur | 2018-02-10 12:53 | okinawa


a0113732_11081515.jpg

 新年明けましておめでとうございます。というわけで、正月もすでに3日、今年もスローに始まるブログなのでした。
痔の話」は終わってはいません! すみません、じっさい怠けているわけですが、ふらい人書房からの第2弾『釣り人の理由』の編集作業が終わり次第再開しますので、あらためて今年もよろしくお願いいたします。。
 ところで昨年の暮に山と渓谷社から、友人の稲葉豊さん編集の燻製の本男前燻製が出て、買ってみました。かなり昔から、たぶん30年近く前から、ずーっと燻製やってみたいなあ―、っておもっていたんです。ぼくは長い間フライフィッシングをつづけてきているのでアウトドア仲間が多く、アウトドア・クッキング趣味が高じて店を出してしまった友人もいます。この本の著者の岡野永祐氏もおそらくはそんな経緯で店を出し、本を出すまでに至った人物なのでしょう。
 この本、めちゃくちゃわかりやすい。自分で作ることの出来る料理は数種類のパスタだけという調理ドシロートのぼくにも簡単に燻製が出来ました。というか、燻製という調理方法自体がシンプルだったんだ、ということがわかりました。著者はアウトドア料理を「男前料理」と呼んでいるようですが、つまりはアウトドアで簡単に出来る料理を追求しているようです。著者オススメのSNOWPEAKのコンパクト・スモーカー、桜とヒッコリーのスモークチップをamazonで買い、天井裏で10年以上眠っているツーバーナーを出して来ようかと思いつつ面倒になって止め、カセットコンロでやってみました。まずは初級コースの加工品、本の最初のページに出て来る酒のつまみを燻製して見ましたが、調理という以前の、ただ素材をスモーカーに置いて、スモークチップを燃やすだけでした。本にはないイカサキとイカクンもついでに燻しましたが、味はつきましたが固くなってしまい失敗で、よくよく考えてみればイカクンって、すでにしてイカの燻製だった! アーモンドとかクルミとかイチジクはそのままで食べるより、はるかに旨い! 気を良くして年末にソーセージを買ってきて、桜のチップで燻して、実家での正月料理の足しにしましたが、大好評でした(生まれて初めての正月料理参戦!)。今年は今月末からの沖縄長期出張にスモーカーを持参して、宿のベランダでステーキの燻製にチャレンジしたり、お尻に優しい燻製料理を目指して修行します。

[PR]
# by bbbesdur | 2018-01-03 11:07 | around tokyo

#702 ほんとうの青空

a0113732_21212142.jpg

 1週間半、沖縄に行っていたけど、すっきり晴れた日は1日もなく、どんより曇って時々雨のパターンが連日つづいた。冬の沖縄の晴天率は東京と正反対くらいで、めったに気持ちよく晴れない。でもいつもの年だと11月の沖縄はまだ冬とは言えず南風も吹くから、今年はやや季節の巡りが早いように思える。帰りの便で雲の上に出たとき、久しぶりに真っ青な空が視界に広がったけれども、なんだかズルをしてゲームに勝ったようでつまらなかった。やっぱり青空は正々堂々と地面に立って見るものなのである。

[PR]
# by bbbesdur | 2017-11-22 21:24 | okinawa