#699 痔の話 第23回 

a0113732_20592126.jpg


 手術が終了して小一時間ほど経ったころ、笑顔の看護師に促されて、ぼくは服を着て診察室に戻った。その頃にはすでに午後の診察が始まっていて、人々はどこかに疾患を抱えているはずなのに、不思議なくらい涼しい顔をして待合室に坐っていた。それにしても、いったい医師と看護師はいつランチを食べたのだろうか。食べたにしても、あまり美味しいランチではなかったのではないだろうか。ぼくは奇妙な責任を感じつつ、待合室の端に、極めてゆっくりと腰を下ろした。

 名前を呼ばれて診察室に入ると、目の前の椅子にドーナツ型のクッションが置いてあって、それだけのことでぼくは手厚い待遇を受けている気分になった。人は対価のあるなしに関わらず、必要なときに必要なことをしてくれる人に感謝するものだ。

 医師はぼくの顔を見て笑顔で「お疲れ様でした」と言い、脇に立った看護師も「お疲れ様でした」と呼応し、ぼくは試合後に監督とコーチから声をかけられた選手のように「お疲れさまでした」と返した。そこにはたしかにひとつの困難をともにしたチームの結束があった。なによりも医師の笑顔が手術の成功を物語っていた。

 医師は入浴や食事についてのいくつかの注意点を語り、あとは普通に生活して良いと言った。

 質問があるかという医師の問いに対してぼくは、

「あのビーチはどこなんですか?」

 と訊いた。

「えっ?」

「あの壁に貼ってある絵はがきのビーチです」

「ああ、あれですかあ、さあ、どこか外国の島じゃないですかねえ」

「効果あるとおもいます。多少なりとも気が紛れました」

「そうですか。それは良かった」

 すぐ脇に立っていた看護師がやにわに口を開いて、

「あれ、宮古島なんです」

 と言った。

「やっぱり沖縄でしたか、そうじゃないかとおもって気を紛らわせていたんです」

「良かった」

 看護師はとても嬉しそうにそう言って笑った。

「沖縄には若い頃5年間住んでいたことがあります」

「えー、どこに?」

 と看護師は突然ウチナンーチュのイントネーションになって、そう言うのだった。


[PR]
by bbbesdur | 2017-07-27 21:01 | health care

a0113732_20220228.jpg


 医師がしばらく安静にしているようにと言って、カーテンの向こうに消えてしばらく後、ぼくは身体に異変を感じた。大イベントが終わった安堵の余韻に浸とうとしていたぼくだったが、じわじわと強まる便意(以降B意)にたまらずに看護師を呼んだ。しかし看護師は、そのB意は麻酔薬による手術特有のもので、ほんとうのB意ではないといって、なんとかがんばるようにとぼくを励ました。B意にさえ、本物とニセモノがあるのだった。手術台に横たわったぼくは人間社会全般にはびこる欺瞞と真実の総量を思った。オレオレ詐欺を引き合いに出すまでもなく、おそらくは真実を圧倒するとてつもない量の欺瞞が世に渦巻いていることは間違いのないところだ。あるいは真実のないところにも、果たして欺瞞は単独で存在することが出来るのだろうか? 表があるからこそ裏があり、たとえば美川憲一が存在しないで、コロッケが存在することが出来たのだろうか? とさらに考えを進めようとしたぼくだったが、しかしさらに強まる偽のB意にぼくはほとんど思考不能状態に陥っていた。

 カーテンを開けて医師が入ってきたとき、ぼくのB意はすでに暴発寸前に思われた。ぼくは平静を装って、あくまでも大ではなく小の方を想像させるような気軽な感じで、医師になにげなく「トイレに行きたいんですが」と言った。欺瞞は欺瞞を呼ぶものなのだと自身に言い訳をしつつ。しかし医師は騙されなかった。

「我慢してください。行っても出ません」

 とこの医師にしては、かなり明確にぼくの要望を拒絶した。ぼくのB意は弱まりはしなかったが、真実に欺瞞が怯んだ気配があった。

 ぼくは医師の言葉を信じて我慢した。じっさいぼくは手術が終わったばかりのクリーンな患部を最悪な形で汚染して、医師から再手術を宣言されることを恐れた。

 ところで欺瞞的なB意はどこか本質的な部分でホンモノのB意と違っていて、なにかしらフェイクっぽい感覚があった。しかしフェイクだから我慢できるかというと、それはまた別な話で、B意がB意であることには違いはなかった。B意が必要に迫られているために生じていても、必要でないのにたまたま副作用として(それは例えば右を押したら、左が出っ張るような事情で)生じていても、B意は紛れもなくB意でありつづけるのである。そこが中国製の偽ルイ・ヴィトンと違ってB意のような形のない感覚やら感情やらのやっかいなところだ。

 今振り返ってみて、今回の手術で一番辛かったのは、このB意を我慢している時間帯だったとおもう。なんとか競り勝ったと安心しかけていたところが、ロスタイムに予想外の猛攻を浴びて肝を冷やしたような気分だった。

 そして偽のB意は自身が亡霊であったことを認めるように、ゆっくりとぼくの身体から出て行ったのだった。


[PR]
by bbbesdur | 2017-07-21 20:10 | health care


 医師がしばらく安静にしているようにと言って、カーテンの向こうに消えてしばらく後、ぼくは身体に異変を感じた。大イベントが終わった安堵の余韻に浸とうとしていたぼくだったが、じわじわと強まる便意(以降B意)にたまらずに看護師を呼んだ。しかし看護師は、そのB意は麻酔薬による手術特有のもので、ほんとうのB意ではないといって、なんとかがんばるようにとぼくを励ました。B意にさえ、本物とニセモノがあるのだった。手術台に横たわったぼくは人間社会全般にはびこる欺瞞と真実の総量を思った。オレオレ詐欺を引き合いに出すまでもなく、おそらくは真実を圧倒するとてつもない量の欺瞞が世に渦巻いていることは間違いのないところだ。あるいは真実のないところにも、果たして欺瞞は単独で存在することが出来るのだろうか? 表があるからこそ裏があり、たとえば美川憲一が存在しないで、コロッケが存在することが出来たのだろうか? とさらに考えを進めようとしたぼくだったが、しかしさらに強まる偽のB意にぼくはほとんど思考不能状態に陥っていた。

 カーテンを開けて医師が入ってきたとき、ぼくのB意はすでに暴発寸前に思われた。ぼくは平静を装って、あくまでも大ではなく小の方を想像させるような気軽な感じで、医師になにげなく「トイレに行きたいんですが」と言った。欺瞞は欺瞞を呼ぶものなのだと自身に言い訳をしつつ。しかし医師は騙されなかった。

「我慢してください。行っても出ません」

 とこの医師にしては、かなり明確にぼくの要望を拒絶した。ぼくのB意は弱まりはしなかったが、真実に欺瞞が怯んだ気配があった。

 ぼくは医師の言葉を信じて我慢した。じっさいぼくは手術が終わったばかりのクリーンな患部を最悪な形で汚染して、医師から再手術を宣言されることを恐れた。

 ところで欺瞞的なB意はどこか本質的な部分でホンモノのB意と違っていて、なにかしらフェイクっぽい感覚があった。しかしフェイクだから我慢できるかというと、それはまた別な話で、B意がB意であることには違いはなかった。B意が必要に迫られているために生じていても、必要でないのにたまたま副作用として(それは例えば右を押したら、左が出っ張るような事情で)生じていても、B意は紛れもなくB意でありつづけるのである。そこが中国製の偽ルイ・ヴィトンと違ってB意のような形のない感覚やら感情やらのやっかいなところだ。

 今振り返ってみて、今回の手術で一番辛かったのは、このB意を我慢している時間帯だったとおもう。なんとか競り勝ったと安心しかけていたところが、ロスタイムに予想外の猛攻を浴びて肝を冷やしたような気分だった。

 そして偽のB意は自身が亡霊であったことを認めるように、ゆっくりとぼくの身体から出て行ったのだった。


[PR]
by bbbesdur | 2017-07-21 20:05 | health care

#697 痔の話 第21回

a0113732_09442711.jpg


 医師はおそらくは本来使用するはずだったメスではない、おそらくは大きめのメスで手術を始めた。大きめと思ったのは医師と看護師が交わす会話の端々に「小さい」とか「細い」といった単語が現れては消えていたからだ。ぼくはアジフライを作るために、マグロ用のぶつ切り包丁を使っている板さんの苦労を思った。とはいえ、一流の板前であれば可能ではないのか。プロとはそういったものではないのか。なくても出来ると言い切った医師の自信を信じてみてはどうだろうか。ぼくは俎板の上でそう思ったのだった。

 いったいどういった手順で手術が進行しているのか皆目見当がつかなかったが、肉がこそぎ落とされるような「シャー、シャー」という音がある程度のリズム感を伴って、ぼくの耳に届いていた。すべての作業がK門鏡と呼ばれる筒状の金属の中で行われているはずで、ほとんど直腸に近い奥の部位にどうやって正確にメスを入れるのか、ぼくは不思議だった。

 穴の背中側が切られるとき、少し痛いような気がして、医師に告げた。

「ここは括約筋が近いところなんで神経が敏感なんです。ちょっと麻酔を足しましょう」

 そう言って追加される麻酔の注射が痛いのが辛かった。そしてまた「シャー、シャーと」という音が、今度はお尻の骨にやや反響しながら聞こえ始めた。

 そんな作業がおそらく20分くらいつづけられたはずだ。医師はぼくに「大丈夫ですか?」と声をかけた。ぼくは「大丈夫です」と答えた。

「これから穴の奥側を縫います。これが終われば完了です」

 医師はK門鏡を奥に進めたが、ぼくのK門は音をあげ始めていた。手術の痛みというよりは、押しつけられたK門鏡が辛かった。たぶん医師はそんな状態を知っていて、手術が最終段階にあることを知らせて、患者の忍耐を要求するのだ。ほんとうにこの医師は患者の気持ちをコントロールすることに長けていると恨めしい気持ちでそう思った。

 これが終われば完了というわりには作業は長かった。しかしすべての物事には終わりがあり、あらゆる苦痛には終わりが来ると信じて、ぼくは目の前の美しい海岸を見つめつづけた。

 縫合部分を固めるために、念のためにジオンの注射を打つと医師は言った。ぼくはいったい何本注射を打たれたか、すでに思い出すことが出来なかった。縫合部分にジオン注射を打つというのは、おそらくはこの医師の経験から来る独自の処置方法だと思う。

 そうしてまたK門鏡がお尻に入っていき、ぼくは激しく呻いた。

「大丈夫ですか?」

「はい」

 大丈夫ではなかったが、ぼくはそう答えた。この最後の最後に来て、もう痛いから止めてくれと言るはずもなかった。そしてまたしても注射は痛かった。転んで擦り傷だらけになった膝小僧に紙やすりをかけられるような気分だった。

 そうして手術は終わった。ほんとうに終わったのだと、ぼくは目の前に打ち寄せる透明な波を見つめながら思った。


[PR]
by bbbesdur | 2017-07-16 09:50 | health care

a0113732_09274191.jpg

 本日『ウルトラライト・イエローストーン』のオンライン販売を開始しました。「痔の話」だけを読んでいたただいている皆様には寝耳に水の話で大変恐縮ですが、じつはぼくは痔の他にも、フライフィッシングという宿痾に罹患していて、時間とお金と愛情を含むほとんど人生のすべてをその治癒のために当ててきました。

 来年定年を迎えます。大学卒業以来37年間働いた会社を卒業するにあたって、残りの人生は釣り三昧でという気持ちもありましたが、そもそもあとどのくらい人生が残されているのかがわからないので計画が立ちません。ぼくが人生でもっとも恐れているのは「釣りに飽きること」です。まだまだ人生が長く残されている途中で、釣りをやり過ぎて飽きてしまったら、とおもうとゾッとします。釣りに夢中になれなくなったとき、ぼくは自分の進むべき道を失うとおもいます。

 この本の序章にも書きましたが、この世に終わらない恋はありません。情熱的な恋が終わって、新しい恋を追い求める人もいれば、冷めた恋をぬるま湯くらいに温め直す人もいるでしょう。30年以上連れ添ってきたフライフィッシングに対して、毎朝同じバス停に立つ素敵な女性を見るような気持ち(いやらしい気持ち)になれないことは事実です。だからぼくはフライフィッシングを電子レンジに入れて温めるような気持ちで「ウルトラライト・イエローストーン」を書き始めました。その結果、お皿が取り出せないほどに熱くなってしまって、自分でも驚いてしまったわけです。この本はフライフィッシングをテーマに書いたと見せかけていますが、じつはかなりシュールな恋愛本なのです。30年付き合ってもなおアツアツの関係を維持できる秘訣が知りたい方は是非以下をクリックして、めくるめく耽美世界を堪能してください(R-18) 。

https://www.flybito.net/online-shop

という事情で「痔の話」、やや中断が長くてスミマセン!


[PR]
by bbbesdur | 2017-07-10 09:36 | flyfishing


 SOLID OCTAGONというロッドメーカーが誕生した。ショップは渋谷駅から7、8分歩いたところにある。とっても素敵な店舗だ。あるいは素敵すぎて、扉を開けることを躊躇うふらい人さえいるかもしれない。しかし気楽に扉を開けて、オーナーに声を掛けてみるといい。非常に気さくでソフトな人物が目の前に現れるだろう。ぼくはこの人、丸山聰さんとは鱒やの橘利器さんから紹介されて以来10年近い付き合いがある。紹介されたその日に、当時は渋谷の109裏にあった工房に連れて行かれ、グラファイトのソリッド・ブロックを8角形に削り出して作ったというフライロッドを初めて手にした。グラファイトとは思えないしっかりとした重量感があった。

「中空ではないところが最大の武器なんです」

 言うまでもなく、市場に出回るグラファイト・ロッドはほぼ100%金属のマンドリルにカーボン・シートを巻いて作られるため、結果的に中空構造となる。そんな圧倒的多数の中空軍団を敵に回し、丸山さんは自信を持った口調でそう言ったのだった。

 削り出しの機械も自製だった。バンブーロッド・ビルダーで言えばライル・ディッカーソンみたいだと大いに感心した。じつは丸山さんは表参道にあるSORAという指輪メーカーの社長で、金属加工は本職なのだ。直径2センチにも満たない金属の加工と1メートルを超えるグラファイト加工が同じはずもなく、そこに丸山さんが費やした10年という気の長くなる歳月がある。出会った当時、いつの日かロッドメーカーとして自立したい、と語っていたが、その時のロッドの完成度から、正直なところこんなに長い年月が必要だとは思わなかった。10年近い年月はそのまま丸山さんのプロフェッショナルとしての矜持なのだ。こういうメーカーこそ信用できる。コンセプトが10年前とまったくブレていないのもスゴい。8角という形状に代表されるユニークなコンセプトを生かしつつ、キャスト性能や耐久性、信頼性を向上させるためにロッドの各要素をブラッシュアップしつづけたのだ。

 バンブーロッドをメインに使うようになってからというもの、軽すぎるロッドを一日使うとぼくの肘は腱鞘炎気味になってしまう。OCTAGONにはバンブーロッドより少しだけ軽くした程度の適度な重量があって、反発したトルクでラインを運んでくれる。普段バンブーロッドを使っているけれども、たまにはグラファイト・ロッドも使いたいというふらい人にはうってつけのロッドだ。大概のバンブーロッドよりシャープなラインをキャストすることが出来るから試して欲しい。

 すべての金属パーツが美しく、かつ素晴らしく機能する。なぜ8角なのかという点については是非ショップを訪れて、直接丸山さんに聞くと良いだろう。グリップまで8角なのだが、じつはかなり使い勝手が良かった。かつフェルールも8角だから、ロッドを繋ぐときに100%ガイドがストレートに並び、かつ釣っている最中に左右にズレることもない。グリップとフェルールはラウンド形状でなくてはならない、というのは既成事実に起因するぼくらの先入観だ。道具のデザインは服飾などのデザインとは違って、あくまでも新デザインに新機能が付随して初めて古い伝統と訣別出来るのである。

 写真のロッドは24トン・カーボン(湖用、海用のロッドはそれぞれまた別な種類のカーボンを使っている)を使って開発された渓流用のロッドで、先週マジソンの激流に乗って下った15インチブラウンの抵抗に耐えた。本当は20インチ・ブラウンでバットの強度と粘りを試したかったんだけども、それはぼく側の問題で来年の宿題だ。

 ところでブランク・カラーは屋内で見ると超ジャパニーズな渋い漆塗り風なのだが、モンタナの青空の下では写真の通り、なぜかスカーレット・レッドに変身してアメリカン・ビューティーになる。これは写真の現像のせいではなく、ぼくはこの大和撫子の変幻性を大いに気に入っている。このあたりに指輪メーカーとしての着色の秘密が隠れているように思える。


[PR]
by bbbesdur | 2017-07-09 13:10 | flyfishing