a0113732_984649.jpg

「タフでなければ生けてはいけない、優しくなければ生きる意味がない」とチャンドラーは書いた。人生訓として引用されることがあまりに多い名文句だ。ハードボイルド小説はそもそもの基本がカッコつけなんであり、それを美学として生きているやせ我慢の哲学であるが、言葉なく、カッコもつけず、コンクリートを突き破って咲いている道端の雑草には確かに生きている意味がある。ハードボイルド小説の主人公と、必ず出てくる意志の強い美女が形となって、すっとそこに立っているように見えないかい。
 with X-T1 Makro-planar 60/2.8C
[PR]
by bbbesdur | 2014-04-29 09:15 | flower

#670 恋の季節

a0113732_21192893.jpg

 春になって日替わりで新たな花が開花するけど、しかし彼らが咲くのは1年間で1度きりだ。動物にしたって発情期は年に1度と決まっている。人間の発情期が毎日なのは、間違いなく自然に対する反逆である。人間が年がら年中発情するようになったのは、言葉の発生と同調しているはずだ。そのとき、きっと彼女はこういった「今日はダメよ」。その結果、男は今日するはずだった交尾を明日に持ち越し、彼女はあるいは翌日も嫌がり、そんなこんなで、言葉を知った女はどんどん交尾は先延ばしにして、男は季節なんかにかまっていられなくなって、結果的にヒトは発情期を失い、代わりに文化としてのセックスを得たのだろう。つまり言葉がセックスを生み出したのだ。
 with X-T1 Makro-Planar 60/2.8C
[PR]
by bbbesdur | 2014-04-28 00:20 | flower

a0113732_2247538.jpg

 今日の東京は汗ばむ初夏の陽気で、樹々も花も元気で饒舌だった。陽気に誘われてふらりと散歩に出たのはいいけれど、帽子をわすれてしまった。小一時間歩いたあたりで頭がぼーっとしてきたから、コンビニでアイスクリームを買って、駐車場の車止めに腰を下ろして食べた。すると壁際の、土なんてまるで見えないコンクリートの隙間から茎を伸ばしていたヒメジョオンが、アイスを頬張っているぼくに向かって語りかけてきた。彼女曰く、ほんとうはイソギンチャクになりたかったのだけれど、山から下りる道順を間違えて、やむなくここに根を張ったんだという。ヒメジョオンの身の上話に付き合う心境じゃなかったから、早々に立ち上がってしまったけれども、こんどの週末に時間があったら彼女を引っ張り上げて、沖縄の海に連れて行ってあげようとおもってる。
 with X-T1 Zeiss Makro-Planar 2.8/60C
[PR]
by bbbesdur | 2014-04-27 00:50 | flower

#668 例年並み

a0113732_2004549.jpg

 今年の東京の春はとても穏やかで、過激なところがない。そういえば春一番でさえ、遠慮がちに吹いた。冬から春にかけての季節の歩みがこれほどのんびりとした年って最近の記憶にはない。つまり「例年にはない」くらい例年並なのだ。
 with X-T1 Zeiss 60mm/2.8C
[PR]
by bbbesdur | 2014-04-26 09:34 | flower

#667 自転車の愛

a0113732_1912934.jpg

 ぼくを橋の上から投げ捨てたのは心ない酔っぱらいだ。あなたが橋下に落とされたぼくに気づいて、拾い上げてくれれば嬉しいような気もするけど、でも生まれてこのかた、あなたの美しいお尻しか乗せたことのないぼくには、もうあなたを乗せる資格がないような気がする。あの酔っぱらい男の汚いお尻に蹂躙されたぼくのサドルに、あなたが乗ると想像するだけでチェーンを外して首を吊りたくなる。万が一、あなたから「なんだか前と乗り心地がちがうわ」なんて言われるくらいなら、この橋のたもとで、錆びて、バラバラになって、雪解けの冷たい水に流されてしまったほうがいい。
 with X-T1 35mm/1.4 渡良瀬川 桐生
[PR]
by bbbesdur | 2014-04-21 19:16 | around tokyo

a0113732_9451564.jpg

 普天間交差点の近くに、昔「α」っていう喫茶店があって、よくマリ子とランチを食べに行った。きっともうないんだろうなあ。マリ子はちいさいころからバレエを習っていて、当時那覇に住んでいたぼくは大道交差点近くにあったバレエスタジオに発表会を見に行きさえした。
 普天間基地に駐留しているヘリコプター部隊の残予算を目当てにぼくとマリ子は果敢にセールスを仕掛けたけれど、マリ子はいつのまにやらその部隊の男と仲良くなって、あっという間に会社を辞めて、結婚してアメリカに行っちゃった。しばらくしてぼくも東京にもどった。ヘリコプターはオスプレイに変わった。変わらないのはずっとそこにある普天間基地だけだ。それにしても、マリ子、いま、どこにいるのかなあ?
 with X-T1 普天間
[PR]
by bbbesdur | 2014-04-19 10:00 | okinawa

#665 広島の理由

a0113732_21364617.jpg

「また広島ですか? ほんと好きですねえ、bbbさん」
 Tさんは、翌朝早くに岩国に仕事がありながら、わざわざ広島に宿泊しているぼくにそういった。
「どういう意味よ?」
「男ひとりで広島に泊まるなら、やることは決まってるでしょ」
「原爆ドームで手を合わせてくるとか」
「またまた、真面目ぶって」
 東京から岩国に行くならいまや直行便があるし、たしかにぼくが泊まったホテルの周辺には風俗系の店が多い。
「Tさん、ぼくは風俗店なんて生まれてこのかた一度も行ったことがないんです」
「まさか、そんな男いませんよ」
「いやいるんです、ここに。ほんとうのこというと生まれつきぼくには性欲がないんです。性欲がない男が風俗店行ってなにするの? 」
 Tさんは、一瞬言葉を失った。じっさいそうとう豊かな想像力を持ってしても、性欲のない男が風俗店に行って、なにをするのか想像するのは至難だ。
「性欲がないって、bbbさん子供ふたりいるじゃないの」
「そんなこといったら、じゃあ、どうやってマリア様は馬小屋で受胎したっていうわけ?」
「マリア様は馬小屋でやったんじゃなくて、馬小屋で産んだんです!」
「ともかく明日の朝は遅れないでくださいね。年度末だし、2号線は朝から混みますからね」
 もちろん、その晩、ぼくはホテルの裏でお好み焼き屋を頬張りつつ生ビールを飲んで、早々に部屋にもどって、山崎をちびちびやりながら大岡昇平の「レイテ戦記」を読んで寝た。
 なぜぼくは広島に泊まったのか。Tさんにいっても信じてもらえないだろう悲しい真実を語ろう。
 じつは花粉症のせいなのだ。岩国にはちいさなビジネスホテルしかない。ビジネスホテルは窓を全開にして清掃をするから、部屋もベッドも花粉のなかに埋もれているようなものなのだ。春の出張のたびに、鼻が苦しくて眠れなくなる過去の教訓から、春の岩国泊は避けているのである。広島には高層のシティホテルがあって、窓は開かない。
 というようなことをTさんに説明したとしても、たぶん信じてくれないだろう、これを読んでいる素直な皆さんのようには。
with X-T1 23mm/1.4 広島
[PR]
by bbbesdur | 2014-04-05 22:06 | west japan