a0113732_22072019.jpg

 釣りを終えて、東京に戻ったぼくは、ガーゼについた黄色のそれが、イヤなニオイを発していることに気づいた。もちろんお尻から出るニオイだから、期待する方がどうかしているとしても、少なくとも長年嗅ぎ慣れてきた例の「摂取物の残滓」が発するニオイとは明確に違っていた。ぼくはまたまたインターネットで様々なサイトを検索した。医療機関が公開しているサイトやまさしくぼくが今書いているような体験談を掲載したブログから得た情報を総合すると、ぼくはK門周辺膿腫から痔瘻へと進んだらしかった。このあたりはぼくが調べたかぎり、この病気のもっともわかりにくかった点なので、ここに正確に記しておく。後進の皆さんは大いに参考にしてほしい。K門周辺膿腫というのは、K門の内側にあるK門小窩から入り込んだ雑菌でK門腺が炎症を起こし、膿を孕んでしまった状態をいう。たぶん、この説明ではほとんどの人が理解できないとおもう。なので、まず初めにK門の構造について説明しようか。
 K門はご存知の通り、人が体内に取り込んだ「摂取物の残滓」が体外へ放出される最終ポイントである。3Kどころではないダーティー・ジョブに慣れているヤツだから、さぞかしハード・ボイルド系の逞しいヤツに違いないと想像している人が多いと思うが、意外なことにはかなり繊細で、文字どおり、傷つきやすい性格をしているのだ。K門の内側はヒダヒダになっていて、その部分はK門小窩と呼ばれる。小窩と呼ばれる名の通り、ヒダヒダの凹部分はちいさな窪みになっている。この小さな窪みに雑菌が溜まることによって、K門の内側が炎症を起こすのだ。「おいおい、窪みに雑菌が溜まるって言われても、そもそもK門って雑菌の通り道じゃないの?」という疑問は正しい。ぼくもそうおもって医師に聞いた。医師は「じつはK門というのは毎日毎日、離れ業をやってのける凄い器官なんです」と答え、ぼくはそのとき、ふとスーパーキャッチをするイチローをおもった。正確に言うと、雑菌は通過しても炎症を起こさないが、留まることによって炎症を起こすらしいのだ。その最大の原因が下痢なのである。下痢が繰り返されることによって、雑菌が勢い良く、くぼみの奥へと押し込められ滞留してしまうのである。滞留した雑菌がK門に隣接するK門腺に感染して炎症を起こし、やがて膿が溜まる。さしものイチローだって、毎日毎日働きづくめではさすがに疲れも溜まってエラーも出るというものである。そして炎症はアルコールを代表格とする刺激物によって悪化する。K門線はK門の外側に向かって伸びていて、腫れると外側から見える。沖縄の暴飲で腫れたぼくのお尻を見て医師が喜んだのは、どこを切れば良いかが明確になったからだ。
 というわけで、ここまでがK門周辺膿腫へ至る道筋である。で、K門周辺膿腫の治療には抗生剤が効くことがあり、沖縄に行く前に医師がぼくに施したのが、この第1段階の処置だった。で、第2段階が患部を切って膿を出し、炎症を軽減する処置で、ぼくが釣りに行く前日に受けた治療だった。で、この処置を受けることによって、結果的にK門の内側とお尻の外側が一本の穴で繋がることになり、この状態を痔瘻、もしくはそのものずばりの「アナ痔」と呼ぶのだ。もともとあるお尻の穴とは別に、お尻の中と外が繋がるまったくもって余計な穴で活躍する次号のイチローにご期待を!


[PR]
by bbbesdur | 2017-02-28 22:26 | health care