#279 複々線よりも早く

a0113732_0333159.jpg

 ぼくが中学生のころ、小田急沿線の空き地に、ちらほらと複々線化を告げる看板が立ち始めた。線路ぎりぎりに立っている家々が圧倒的におおかった。窓から手を伸ばせば干してある洗濯物を取り入れることさえできそうだった。だから複々線化なんて、まったく非現実的におもえた。ところが、当初計画した登戸から下北沢までの区間の複々線完成があと3年に迫っている。教訓、なにごともあきらめないこと。
 で、車両のなかに貼られてある事業報告には、「朝のラッシュ時でも、新聞や雑誌が楽な姿勢で読める快適さを実現します」と書かれてある。ぼくは、日頃の無茶苦茶な混雑ぶりから、それは非現実的だよ、とまたまたおもう。例によって小田急は、あきらめずにがんばるんだろうけど、でも、そんなことよりも新聞や雑誌が消えてしまう日のほうが近いんじゃないかな。キンドルや噂されるMACのタブレットが、東京の通勤風景を変える日がもうすぐそこまできているとおもうんだ。
 with GRD3 2010/1/2撮影 鶴川
[PR]
by bbbesdur | 2010-01-15 00:45 | around tokyo