#260 眠れる店の美女

a0113732_064463.jpg

 いつもの店に仲間と行ったら、リエさんが困った顔をした。リエさんは18年前にぼくが沖縄にいたときの同僚で、いまは昼はエッチングの会社の社長をして、夜はスナック「乃愛」を経営している。スナックという業態が危機に瀕しているなかで、ついこの間5周年記念を迎えて、いまなお盛況である。
「いっぱいなの?」
「そうじゃないんだけど、ちょっとねえ・・・・・・」
 リエさんがソファに目をやったら、ひとりの女性が寝ていた。
「いいよ、気にしないから」
「そう。だったらいいけど」
 ぼくたちは男女6名で彼女の周りを囲むように坐り、一次会の勢いのままに「ブルーシャトーを君だけに」やキャンディーズ・メドレーやピンクレディ・メドレーを歌いまくった。彼女はその間、ずっと眠りつづけていた。ぼくたちは彼女に「おやすみ」といって、店を出た。
 with GRD3 2009/12/19撮影 那覇
[PR]
by bbbesdur | 2009-12-24 23:59 | okinawa