#236 深夜の汽笛

a0113732_1395679.jpg

 夜、ときどき低くておおきな汽笛が宿の周辺に響き渡る。那覇から東京までのフェリー航路があることをぼくは普段わすれているけれど、汽笛が鳴り渡るときっとおもいだす。
 いつか乗ってみよう。47時間あればたくさん本を読めるだろうし、たくさん海の写真を撮れるだろう。あるいは47時間いちども目覚めずに眠って起きたとき、どれだけ爽快な気持ちになるのだろう、なんて想像してみたりもする。
 そうおもっていたら、いままさに汽笛が鳴った。那覇新港の方角で、距離があるから音はそうおおきくはない。時計を見ればちょうど午前1時半。この夜更けに出発する船があるのだ。あるいは海路に憧れるぼくの空耳だったのだろうか?
 with GRD3 2009/11/23撮影 那覇
[PR]
by bbbesdur | 2009-11-25 01:41 | okinawa