#699 痔の話 第23回 

a0113732_20592126.jpg


 手術が終了して小一時間ほど経ったころ、笑顔の看護師に促されて、ぼくは服を着て診察室に戻った。その頃にはすでに午後の診察が始まっていて、人々はどこかに疾患を抱えているはずなのに、不思議なくらい涼しい顔をして待合室に坐っていた。それにしても、いったい医師と看護師はいつランチを食べたのだろうか。食べたにしても、あまり美味しいランチではなかったのではないだろうか。ぼくは奇妙な責任を感じつつ、待合室の端に、極めてゆっくりと腰を下ろした。

 名前を呼ばれて診察室に入ると、目の前の椅子にドーナツ型のクッションが置いてあって、それだけのことでぼくは手厚い待遇を受けている気分になった。人は対価のあるなしに関わらず、必要なときに必要なことをしてくれる人に感謝するものだ。

 医師はぼくの顔を見て笑顔で「お疲れ様でした」と言い、脇に立った看護師も「お疲れ様でした」と呼応し、ぼくは試合後に監督とコーチから声をかけられた選手のように「お疲れさまでした」と返した。そこにはたしかにひとつの困難をともにしたチームの結束があった。なによりも医師の笑顔が手術の成功を物語っていた。

 医師は入浴や食事についてのいくつかの注意点を語り、あとは普通に生活して良いと言った。

 質問があるかという医師の問いに対してぼくは、

「あのビーチはどこなんですか?」

 と訊いた。

「えっ?」

「あの壁に貼ってある絵はがきのビーチです」

「ああ、あれですかあ、さあ、どこか外国の島じゃないですかねえ」

「効果あるとおもいます。多少なりとも気が紛れました」

「そうですか。それは良かった」

 すぐ脇に立っていた看護師がやにわに口を開いて、

「あれ、宮古島なんです」

 と言った。

「やっぱり沖縄でしたか、そうじゃないかとおもって気を紛らわせていたんです」

「良かった」

 看護師はとても嬉しそうにそう言って笑った。

「沖縄には若い頃5年間住んでいたことがあります」

「えー、どこに?」

 と看護師は突然ウチナンーチュのイントネーションになって、そう言うのだった。


[PR]
by bbbesdur | 2017-07-27 21:01 | health care