#677 痔の話 第3回

a0113732_20461032.jpg

 で、切ったわけ。
「歯医者さんと同じ局部麻酔をするので、ちょっとチクリとしますが、あとは痛くありません。心配なさらなくて大丈夫です」
 この医師は珍しく患者に丁寧な言葉遣いをするのである。わたしは常々医師にありがちな「自分が偉いと思っている」態度、および言葉遣いを不服としている者であり、そうでないこの医師をエラいとおもった。好きな人にはお尻見せてあげるけど、好きじゃない人にはお尻見せたくないよね。
 じっさいチクリとした。腕に注射されるのは、子供の頃からやってきているから慣れている。でも、お尻にチクリとされるのは慣れていないから、ちょっとばかり痛かった。でも、まあ大したことはなかった。麻酔が効いているようで、メスを入れているらしいが、まったく痛くはない。
「うーん、かなり粘度のある膿ですね。出てこないなあ」
 という。粘度があると良くないらしい言葉の響きで、ちょっと不安になった。さらさらの膿なんて想像できないとしても、このときぼく脳裏には「この手術だけじゃ、治らないのか?」という不安が去来した。しかしほどなく医師は、
「あ、出てきた」
 と言って、つづいて
「おー、いっぱい出てきた」
 と言って、ぼくは安心して、
「出てきましたか」
 とほとんど意味のない相槌を打った。
「ちょっと押しますよ」
 と、医師は言って、お尻の中心に指を入れ(人差し指か中指かわからなかった。あんまりこのブログ記事とは関係ないとしても)、グリグリと内側から膿を押し出すようにした。それほど痛いとはおもわなかった。ちなみにぼくが男の人の指を初めて受け入れたのは、たしか33歳か34歳の頃、那覇でのことで、相手は山城さんだった。というか山城外科の院長だったわけだけど、生まれて初めて痔(いわゆるいぼ痔)になったのだった。山城さんに入れられた指があまりにショックで、終わったあと立ち上がれないぼくに看護師さんが「大丈夫ですか?」と聞いてきた。ぼくはかなり動揺していた。それにしても、あのころは本当に毎日が飲み会だった。間違いなくアルコールはお尻に影響したはずだ。ともかくお酒が痔に悪いことだけは、明確です。かなり悪いとおもう。でも、若いうちは免疫力が強かったからか40歳ごろまでは一度も再発しなかった。というわけで、大昔テレビでやっていた「巨人の星」並みの遅々として進まないストーリー展開だけど、しばらくはこの調子でつづけていきます。ではまた!


[PR]
by bbbesdur | 2017-02-23 21:14 | health care