#621 人間は努力する葦である

a0113732_15124573.jpg

 生まれて初めて沿道に立ってマラソンの応援をした。会社の仲間が5人走る予定だったが、男子2人は練習のやり過ぎによる故障と体調不良で棄権した。1人は東京から沖縄までやってきて、前日にゼッケンまでもらいながら、当日の朝に無念の決断をした。前進より撤退に、より多くの勇気がいることは、世のあらゆることに共通しているけれども、1年間この日のために準備してきて、直前で出走を取りやめる選択はさぞかし辛い決断だったろう。
 一方、うちなー女子3名はいつもどおり元気いっぱいにスタートして、余力さえ残しながら余裕でゴールした。2年前に完走したときはN、Y、Cの3人ともヘロヘロで、しかも6時間15分の制限時間ぎりぎりのゴールだったというのに、Yにいたってはいまや4時間で走るのだから、日頃どれだけ身体を鍛えているのか。3人の次なる目標はNYCトリオの名の通り、3人揃ってニューヨーク・シティー・マラソンに出場することらしい。
 目の前を走り去ってゆく2万5千人近くのランナーを眺めて「ランナーは考える脚である」と笑いつつ、努力が好きだなんて人間とはなんと因果な生物だろうか、と溜息をつくわたしなのだった。
 with D800 ED24-70/2.8 2012/12 那覇マラソン
[PR]
by bbbesdur | 2012-12-09 00:02 | okinawa