#452 目にはさやかに見えねども

a0113732_23464962.jpg

 夕暮れの散歩をしようと家を出た途端、路を横断しているヤブキリに出くわして歩を止めた。産卵管まで入れれば全長7、8センチはあり、車さえ止めそうな、じつに堂々とした歩きっぷりだった。春にあんなにちいさかったのに、まったくもって他人の子は成長が早い。もう相手を捜す年頃になっている。夜に耳を澄ましてみても、まだ鳴声は聴こえてこない。たしかにこんなに暑くっちゃ、子づくりも難儀だろう。
 けれども散歩して気がついた。栗の実も、柿の実も、青々としつつも、ずいぶん膨らんできているのだ。1時間ほど歩いて家までもどってきたら、裏の廃道ではヒグラシさえ鳴いていた。暑い暑いといっているうちに、秋はこっそり葉裏や夜に忍び込むようにやってきている。そして、ふいに風が立つんだ。
 with GRD3 2011/8 近所
[PR]
by bbbesdur | 2011-08-14 23:53 | around tokyo